未分類

全館空調 電気代はどれくらい?

三重県の新築住宅では全館空調を選択するケースが多く、その理由は様々なメリットがあるからだといえます。
年間を通して常に生活しやすい快適な温度に保つことができる点に加え、健康面でも死亡原因となるヒートショックを避けることができると人気を得ているのです。しかしながら全館空調にしたいと希望すると、その電気代が気になる人は多いでしょう。全館空調の電気代は、実際のところはその住宅の広さや気密性で異なるといわれているのですが、目安としておよそ35~44坪の面積では1万円前後かかると考えられます。他の電気代と合算すると2万円近くになってしまう可能性が考えられ、1万円の費用を高いと思うかは個人差があると思われますが、住宅のあらゆる場所にエアコンが完備されている状態だと考えると安いと考えられるかもしれません。冬は暖房を活用するため、夏よりも電気代がかかってしまう可能性があることを予め理解しておくことが必要だといえます。

全館空調の価格は?

家の中の湿度や温度を管理できる事が可能な「全館空調」のシステムですが、導入するにはどの程度のコストが発生するのか確認してみましょう。まず総額からお伝えするとおよそ150万円〜400万円が価格の相場となっています。これにはもちろん建物の大きさや面積、築年数などによって変化する部分があります。
これにメンテナンスなどの管理コストがかかってくるのが特徴です。全館空調システムは1〜2ヶ月にフィルターや換気口の清掃が必要となる場合が多く、これらの対応が必要になります。別途でメンテナンス料金が必要となる会社もありますが、施工料金に含まれている場合もあります。
月々にかかる電気料金の面ですが、全館空調だけで大体2万円前後というケースが多いと言えるでしょう。各部屋でエアコンで空調を管理するケースと比較して、場合によっては安くなる事もあるのが特徴です。家の広さや建築方式などでも、価格が上下します。それぞれの会社で扱っている商品や、施工方法などが様々ですので、各社から見積もりを提出してもらい検討するのが良いでしょう。

土地探し難航「売地」の看板を求めて

「新築住宅を建てたいのに土地がない!」という悩みは、住宅街にマイホームを建てたい人ならば、「誰しも」と言いたいほどに抱えたことのある悩みでしょうか。

「どんな家を建てるか」ということや、「どこで家を建てるか」と決まっていても、「土地がないー」という状態になってしまったのですよね、我が家も。

そして私の職場におきましても、私と同じような経験をしている人が多数なのです。「これから家を建てる」という人は、まずは土地探しで難航してしまうのです。

更地がないのですよね。私がマイホームを建てようと計画している時にしましても、「売地」と看板を出しているところが、とにかくないのです。厳密に言えば、私たちが建てたかったエリアにはなかったのですよね。

土地を探して車で走っている時にしても、私たちが希望するエリアから離れたところに行けば、「売地」の看板が見つかるという状態で…。だからこそ、マイホームを建てるのならば、まずは「土地が決まってからにしな!」と、アドバイスを送りたいわけです。

リフォームと建て替えはどっちが良いのか

マイホームの不満点を解消し、より住みやすい環境にする為には、大きく分けてリフォームと建て替えという2つの選択肢があります。一般的には、問題がない部分まで全て解体する建て替えよりも、必要な部分だけを工事するリフォームの方が安く済むケースが多いです。しかし、工事単価はリフォームの方が割高な傾向にあるので、直したい箇所が多い場合には三重の建て替えの方が適していることも考えられます。建て替えは多くのコストがかかり、長い工期が必要である一方、全ての不満点を妥協無く解消できるというメリットがあります。また、ローンも比較的組みやすいので、多額のローンを検討している人にもおすすめです。一方、リフォームには建て替えほどの自由度はなく、全ての不満点を一気に解消するのは難しい一面がありますが、その分低コストで工期も短く、気軽に行えるというメリットがあります。行いたい工事の種類によってどちらが良いか異なるので、見積もりを十分に比較して決めましょう。

エコリフォームのポイント

リフォームを実施する際における工事費用の相場は、変更を加える場所や設備内容に応じて大きく変動します。そのため、相場に適した価格設定かを素人目線では判断しづらい傾向にあり、1つ1つの設備や使われる資材といった細かな要素から全体の価格を割り出して検討する必要性が生じてきます。例えばキッチンをリフォームする場合ではシステムキッチン導入の有無や収納スペースの大きさ、対面式及びL型といったレイアウト方式の選択に応じて予算が変わっていきます。また、リフォーム前の調理面積や給水・排水設備の状況によっても事情は異なってくることから、予め一定の予算を見積もっておき、その中で可能な限り希望する部分を実現していくリフォーム方法が一般的となっています。原則として根本的な部分からリフォームする状況ほど高額な予算が求められ、キッチンであればレイアウト方式の変更、浴室であれば在来工法とユニットバスの切り替えなどが該当します。

工務店に依頼するメリットデメリット

住宅には多くの種類があり、新築や中古、建売や注文住宅などがあります。自由度が高く自分の要望を盛り込める注文住宅は、理想をかなえやすい住宅です。注文住宅を建設するにあたり、どのメーカーに依頼するかが重要になります。工務店に依頼する場合のメリットは、比較的価格が安いことです。工務店といっても規模の大きさはさまざまなので一概には言えませんが、ハウスメーカーと比較すれば比較的規模の小さいところが多いです。自由度も高くハウスメーカーのような仕様に関する制限も比較的少ないです。デメリットは工務店自体の情報量が少ないことです。ハウスメーカーであればCMやパンフレット、住宅展示場など多くの情報が得られます。しかし、小規模な工務店であれば情報が少ないので、信頼できる工務店を探し出すことに苦労します。欠陥住宅を見抜いたり、高品質を見極めることは、素人の目から判断することは非常に難しいです。工務店はコストパフォーマンスに優れますが、信頼できる所を探すことが重要なポイントです。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てるとき、まず足を運ぶのがハウスメーカーまたは、地元の工務店などですが、ハウスメーカーは設計の自由度が低く、また工務店は家を建てるプロですので、設計に関してすこし非力な面があります。そこで、設計事務所に依頼するという方法があります。設計事務所は家の設計をのみを行うところで、純粋に施主の希望を叶えることができます。特に考えられる大きなメリットは、土地が特殊だったり、極端な狭小住宅など、通常の住宅建築では対応できないような難しい局面でも対応できるのが建築事務所です。工務店やハウスメーカーでは希望に添えない建材や材料も、建築事務所ならすべてのものから選ぶことができるので、とても自由度の高い住宅を作ることができます。デメリットとしては、細かな希望もすべて話し合うため打ち合わせに時間がかかります。材料によっては、住宅の金額は坪単価では比較できない場合もあります。自分に合う設計者に出会えるかどうかも重要なポイントになります。

断熱性のいい住宅とは

最近の注文住宅の広告では、断熱性というキーワードを目にすることが多くなりました。断熱性のいい住宅にはどのようなメリットがあるかというと、冬は室内の暖かさを外に逃さず、夏は暑い外気から室内を護ることができるので、一年を通して快適な環境が保たれます。このことは温度が原因のヒートショックの危険を防ぐなど、健康面で大きな役割を果たします。また冷暖房に使用するエネルギーの無駄を防ぎますので、光熱費の節約になりますし、環境問題の面でも役立ちます。
どのようにして断熱性を高めるかというと、壁などの構造体に熱が伝わりにくい素材を使用することができます。建材には鉄やコンクリートや木材がありますが、最も熱を伝えにくいのは木材です。また冬に熱が逃げやすく、夏の外気が侵入する窓やドアなどは、断熱性を保たせる構造にこだわって設置することも大切です。こうした点に留意した住宅に住むには、オーナーの意向が反映できる注文住宅が一番確実な方法です。

家づくりの進め方

満足度の高い新築の注文住宅を建てる進め方としては、まず適切な土地選びからスタートします。
土地はその形状などから金額が異なりますが、安いところを選ぶことにより住みにくい家となることは避けるべきです。例えば湿気の多い場所となると、いくら結露対策をしたところで床から湿気が常に発生するのでカビが発生してしまうことになります。健康にも影響が出ますし、建物の寿命も短くなります。
そのために地元の工務店などを利用して、希望する建物を建てられる土地を入手することが大事です。
また施工会社を選ぶ流れになりますが、ハウスメーカーや工務店など、それぞれ特徴の異なる会社から自分の目指す家づくりに適したところを探す必要があります。
三重県の工務店で新築、モデルハウスなどを良く見て、デザインや仕上がりに納得のできる業者を選ぶことになります。また建物が完成したら、徹底的にチェックして不具合は直してもらうことになります。そのような手間をかけることで、満足度の高い家づくりが可能となります。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅では会社選びで後悔しないことが大切です。注文住宅は一般の物品の買い物と違って、建物が出来上がってみないと、良し悪しがわかりません。初めて入る飲食店の料理の味がわからないのと同じですが、飲食店に支払う金額は住宅の建築のように多額ではありません。飲食店は味が悪ければ、次から行かない選択もできますが、注文住宅の場合は、出来上がった建物が気に入らないからと言って返品することはできません。
後悔しない住宅会社を選ぶためには、地元での実績を確認し、実際にその会社が建てた建物を見に行くことが効果的です。新築では、一度依頼すると中途解約は大変です。
住宅会社を選ぶ場合は慎重さが必要です。住宅を建てる人の多くが、今も地元の工務店を利用しているのは、長い時間を通してその工務店が信用を得ているからです。今、良く見える会社でも、50年後はどうなっているかわかりません。地元で長年営業している工務店は、それだけで信用する価値があります。