現代では住宅の全館空調を選択するケースが多く、その理由は様々なメリットがあるからだといえます。
年間を通して常に生活しやすい快適な温度に保つことができる点に加え、健康面でも死亡原因となるヒートショックを避けることができると人気を得ているのです。しかしながら全館空調にしたいと希望すると、その電気代が気になる人は多いでしょう。全館空調の電気代は、実際のところはその住宅の広さや気密性で異なるといわれているのですが、目安としておよそ35~44坪の面積では1万円前後かかると考えられます。他の電気代と合算すると2万円近くになってしまう可能性が考えられ、1万円の費用を高いと思うかは個人差があると思われますが、住宅のあらゆる場所にエアコンが完備されている状態だと考えると安いと考えられるかもしれません。冬は暖房を活用するため、夏よりも電気代がかかってしまう可能性があることを予め理解しておくことが必要だといえます。