2016年 10月 の投稿一覧

工務店に依頼するメリットデメリット

住宅には多くの種類があり、新築や中古、建売や注文住宅などがあります。自由度が高く自分の要望を盛り込める注文住宅は、理想をかなえやすい住宅です。注文住宅を建設するにあたり、どのメーカーに依頼するかが重要になります。工務店に依頼する場合のメリットは、比較的価格が安いことです。工務店といっても規模の大きさはさまざまなので一概には言えませんが、ハウスメーカーと比較すれば比較的規模の小さいところが多いです。自由度も高くハウスメーカーのような仕様に関する制限も比較的少ないです。デメリットは工務店自体の情報量が少ないことです。ハウスメーカーであればCMやパンフレット、住宅展示場など多くの情報が得られます。しかし、小規模な工務店であれば情報が少ないので、信頼できる工務店を探し出すことに苦労します。欠陥住宅を見抜いたり、高品質を見極めることは、素人の目から判断することは非常に難しいです。工務店はコストパフォーマンスに優れますが、信頼できる所を探すことが重要なポイントです。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てるとき、まず足を運ぶのがハウスメーカーまたは、地元の工務店などですが、ハウスメーカーは設計の自由度が低く、また工務店は家を建てるプロですので、設計に関してすこし非力な面があります。そこで、設計事務所に依頼するという方法があります。設計事務所は家の設計をのみを行うところで、純粋に施主の希望を叶えることができます。特に考えられる大きなメリットは、土地が特殊だったり、極端な狭小住宅など、通常の住宅建築では対応できないような難しい局面でも対応できるのが建築事務所です。工務店やハウスメーカーでは希望に添えない建材や材料も、建築事務所ならすべてのものから選ぶことができるので、とても自由度の高い住宅を作ることができます。デメリットとしては、細かな希望もすべて話し合うため打ち合わせに時間がかかります。材料によっては、住宅の金額は坪単価では比較できない場合もあります。自分に合う設計者に出会えるかどうかも重要なポイントになります。

断熱性のいい住宅とは

最近の注文住宅の広告では、断熱性というキーワードを目にすることが多くなりました。断熱性のいい住宅にはどのようなメリットがあるかというと、冬は室内の暖かさを外に逃さず、夏は暑い外気から室内を護ることができるので、一年を通して快適な環境が保たれます。このことは温度が原因のヒートショックの危険を防ぐなど、健康面で大きな役割を果たします。また冷暖房に使用するエネルギーの無駄を防ぎますので、光熱費の節約になりますし、環境問題の面でも役立ちます。
どのようにして断熱性を高めるかというと、壁などの構造体に熱が伝わりにくい素材を使用することができます。建材には鉄やコンクリートや木材がありますが、最も熱を伝えにくいのは木材です。また冬に熱が逃げやすく、夏の外気が侵入する窓やドアなどは、断熱性を保たせる構造にこだわって設置することも大切です。こうした点に留意した住宅に住むには、オーナーの意向が反映できる注文住宅が一番確実な方法です。

家づくりの進め方

満足度の高い新築の注文住宅を建てる進め方としては、まず適切な土地選びからスタートします。
土地はその形状などから金額が異なりますが、安いところを選ぶことにより住みにくい家となることは避けるべきです。例えば湿気の多い場所となると、いくら結露対策をしたところで床から湿気が常に発生するのでカビが発生してしまうことになります。健康にも影響が出ますし、建物の寿命も短くなります。
そのために地元の工務店などを利用して、希望する建物を建てられる土地を入手することが大事です。
また施工会社を選ぶ流れになりますが、ハウスメーカーや工務店など、それぞれ特徴の異なる会社から自分の目指す家づくりに適したところを探す必要があります。
三重県の工務店で新築、モデルハウスなどを良く見て、デザインや仕上がりに納得のできる業者を選ぶことになります。また建物が完成したら、徹底的にチェックして不具合は直してもらうことになります。そのような手間をかけることで、満足度の高い家づくりが可能となります。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅では会社選びで後悔しないことが大切です。注文住宅は一般の物品の買い物と違って、建物が出来上がってみないと、良し悪しがわかりません。初めて入る飲食店の料理の味がわからないのと同じですが、飲食店に支払う金額は住宅の建築のように多額ではありません。飲食店は味が悪ければ、次から行かない選択もできますが、注文住宅の場合は、出来上がった建物が気に入らないからと言って返品することはできません。
後悔しない住宅会社を選ぶためには、地元での実績を確認し、実際にその会社が建てた建物を見に行くことが効果的です。新築では、一度依頼すると中途解約は大変です。
住宅会社を選ぶ場合は慎重さが必要です。住宅を建てる人の多くが、今も地元の工務店を利用しているのは、長い時間を通してその工務店が信用を得ているからです。今、良く見える会社でも、50年後はどうなっているかわかりません。地元で長年営業している工務店は、それだけで信用する価値があります。

失敗しない資金計画

注文住宅を建てるためには、失敗しない資金計画を立てることが大切です。これは無理せずに返済できるローンの組み方をするということになります。そこでまず大切なのは、金利の低いローンを探すことです。定期預金を入れておけば金利が優遇されるような住宅ローンもあるので、探してみることが必要です。また、金利は固定型か変動型かどちらを選ぶかによっても計画は大きく変わります。特に低金利が続いている状態で、将来の金利上昇リスクが高まっている中での選択は難しいものです。変動金利は金利上昇によって返済額が増えていきます。その時点で固定金利に借り換えるという手段もあります。その分手数料は必要ですが、その見極めは大切です。また頭金をどの程度入れるのかも重要なポイントです。あまりに頭金に蓄えを使ってしまっても、いざという時の現金が無くなってしまいます。そのような点にも注意しながら、将来の返済計画を立てることが必要となります。

注文住宅の設計について

注文住宅は自分の希望通りに家を設計することができます。部屋の設備から間取りまで自分の思い通りにすることができます。そのため、設計する際のポイントが重要になってきます。間取りではうまく物を収納することができても、実際に完成したときになって設置してみると意外と狭かったということが非常に多くあります。そのため、設計図を描いているときにそこに家具を置いて間取りやレイアウトを決めることが重要です。注文住宅ではこのように間取りやレイアウトに失敗してしまうことがありますが、その反面うまく設計することができれば将来的にも増改築をすることが可能になります。注文住宅を建てる際には、自分ひとりで間取りやレイアウトを決めず、家族や建設などを行う業者の方と相談をして失敗しないようにしましょう。設計をするときには、明るさは大丈夫か風抜けは良好か動線は大丈夫か、収納量や温度管理はしっかりと行うことができるかなど注意して建てるといいお家が出来上がります。

耐震住宅について

注文住宅は設計段階から施主の希望を聞きながら、臨機応変に対応してくれます。工務店は建売分譲規格で設計するのではなく、家族の身長にも配慮して、施主のためだけに一軒の一戸建てを完成させてくれます。耐震住宅のポイントは、ふたつあります。ひとつは新耐震基準を満たしていることで、震度7の強い地震が発生しても倒壊しない強さを備えています。もうひとつは地震が発生したときだけでなく、地震が発生してからも暮らし続けられるように耐久性が発揮される強さを備えているかです。家族の身長が高ければ、扉やドアの高さも調整してもらいましょう。一般的な規格から外れた寸法になってしまっても、耐震性能が弱まらないのがポイントです。柱と梁だけで、しっかりと建物全体を維持できる構造体ならば、激しく揺れて歪んだときに壁が壊れてしまっても、建物は倒壊しませんし、リフォームして暮らし続けられます。壁材の撤去や交換の工事は容易です。大切なのは、柱と梁がダメージを受けないことだからです。

本当に賢い住宅ローン返済方法は?

一括で住宅を購入できれば理想的ですが、なかなかそのような金額を用意できる人は多くありません。30年前後の住宅ローンを組み、少しずつ返済していくというケースが一般的です。
長期間の返済であり、一ヶ月あたりの返済額はそれほど大きな金額となならないために見過ごしがちですが、実は住宅ローンの借り方や返し方によって、総返済額に大きな差が発生することを知っておくと良いでしょう。
住宅ローンを組む時に最も重要視され、分かりやすいのが金利についてです。最近は金利が低く、バブル期と比較すると超低金利とも言われるほどとなっており、借りる側にとっては有利であるとされています。各銀行でも競うように低金利の住宅ローンを宣伝しておりますが、適用金利が実際どの程度になるのかをしっかりと見極めなければなりません。
利用する銀行に取引口座がある、公共料金の引き落としや給与振込指定口座となっているなど、諸条件に合致すると、特典として、基準金利よりもさらに引き下げができるケースもありますので、ローン担当者に確認しましょう。
0.1%の差でも、総返済額は大きく違ってきます。賢く借りて賢く返済したいものです。

理想のマイホームを手に入れ家族が笑顔で暮らせるようになりました

夢のマイホームとして、新築マンションを購入したのですが、今までに利用したことのない住宅設備に囲まれて生活してみて、色々なメリットを感じることができました。
例えば、オール電化になっていたのですが、これは非常に効率の良いシステムで、光熱費がかなり安いと感じながら生活できています。
また、日当たりの良い部屋でしたので、天気の良い日は朝から夕方近くまで電気をつけずに過ごせることもあり、電気代の節約につながっています。
電気代の節約と言えば、断熱性に優れたマンションでしたので、暑さがピークになる夏の時期であっても、暑すぎるといったことがなく、ほとんどエアコンを使わずに生活できていますので、夏場の電気代もあまり高くありません。
また、断熱性が優れているため、結露が発生しにくいというのも気に入っているところです。発生しにくいというか、この家に住んでから結露が気になったことはなく、一度も拭いたことがないほどです。掃除の手間が省けて、とても助かっています。